FC2ブログ
ホーム   »  2011年12月
Archive | 2011年12月

2011.12.07 ( Wed )

12月定例議会

12月6日から12定例市議会が開催中です。会期は15日まで。

7日の本会議では私も持ち時間10分で質疑を行いました、詳しくはこちら

質問テーマは2点

一点目は、「立命館大学の茨木進出について」

党議員団は、この問題に対しては、
①大学内部の意志決定過程を尊重し、茨木市として慎重に対応すること
②大学進出に際しての茨木市の支援策は市民に早期に明らかにするとともに、支援の規模は市民生活に影響を及ぼさないよう必要最小限にとどめること
③大学の市民開放施設については、市と大学が共存共栄できる施設運営とし、市民の利便性の高いものとするよう大学と協議していくこと

以上3点を求めています。

とくに市民開放施設(図書館、飲食施設、劇場型ホール、多目的ホールなど)は、当初茨木市が建設するとしていましたが、現計画では大学が建設することになっており、それに対し国と市が整備費の大半を負担することになっています。高槻市の関大の例では開学から2年たっても市民開放は一部の個人利用型施設にとどまっており、ホール等はいまだ市民開放が実現していません。せっかく市民の税金を使って建設される施設です。ホールはいつも学生の課外活動利用で占められてしまって市民の利用はままならないという事態にならないよう大学としっかり協議していくよう市に求めました。

二点目は、「JR茨木駅と駅前周辺地域のバリアフリー化促進について」

立命館大進出にともない、JR茨木駅周辺への影響も予想されます。とくにJR西側は1970年代の万博当時に整備されて以来、ほとんど変わっていません。西口バスロータリーの階段、駅舎内外のエスカレーター設置、郵便局前の歩道橋など課題は山積です。立命館方面の整備だけが進められ、JRの西側は放置されてしまってはバランスを欠いています。JR駅と周辺地域の総合的なバリアフリー化構想を早急にたて、整備に取り組むよう求めました。

8日は民生常任委員会で質疑の予定です。


■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ

2011.12.04 ( Sun )

八つ墓村?に行ってきました。

毎年恒例のいばらき西後援会主催のバスツアー。
例年は11月下旬におこなわれますが、今年は大阪府知事選挙の日程で、12月にずれ込みました。

もちろん「八つ墓村」は横溝正史原作の小説による架空の村です。

今回のバスツアーの訪問先は、まず1977年製作の映画『八つ墓村』(渥美清=金田一耕助)のロケ地ともなった岡山県成羽町の「吹屋広兼邸」を見学に行きました。

20111204-01.jpg

特産のベンガラ(染料)と銅山で財を築いた庄屋のお屋敷だそうですが、城郭のような立派な石垣に圧倒されます。最盛期の権勢ぶりはどれほどのものであったのかとため息をつかされました。

つづいて訪れたのは2011年時点で現役最古の建物と言われる「吹屋小学校」です。明治に建てられた校舎はたいへん懐かしい心持ちにさせられます。残念ながら今年度末で廃校になるそうです。現在放映中のNHK連続テレビ小説『カーネーション』の主人公が通う尋常小学校としてロケ地ともなりました。

20111204-02.jpg

小学校からほど近いところにある「吹屋ふるさと村」でベンガラ商家などが立ち並ぶ昔ながらの町並みを歩いて「旧片山邸」「資料館」を見学。

20111204-04.jpg


最後は高梁市街地に移動して、「紺屋川遊歩道」を歩いて「頼久寺庭園」を見学しました。
紺屋川美観地区は日本の道100選に選ばれただけあって、紅葉も美しく落ち着いた雰囲気のあるたたずまいでした。沿線にある高梁キリスト教会堂は修復中で工事のホロがかかっており目にすることができず。残念。

20111204-03.jpg

庭園は小堀遠州作。当時の雰囲気に近い状態のまま保存されているのは貴重だそうです。

茨木に帰ってきたのは夜8時前。盛りだくさんな一日でした。


■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ
プロフィール

畑中たけし

Author:畑中たけし
茨木市中穂積在住、50歳
春日丘小、西中、茨木高、京都大法卒
趣味:映画鑑賞、読書

畑中たけしへのメール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR