FC2ブログ
ホーム   »  議員活動  »  モノレール阪大病院駅農園内通勤路(南春日丘7丁目)感知式防犯灯設置

2009.11.21 ( Sat )

モノレール阪大病院駅農園内通勤路(南春日丘7丁目)感知式防犯灯設置

該当の通路は夜間は全く光も届かず、危険な状態のため、以前より各方面から防犯灯の設置が要望されていましたが、農作物の生育に影響があるため、長年の懸案になっていました。この程、農業者の理解を得て、夜間通行者を感知する構造の防犯灯が設置されました。

通路の両端で人影を感知して灯りが点灯します。点灯後5分で明かりは自動的に消える仕組みであるため夜間常時点灯ということにはなりません。農作物への影響も抑制できると言うことで、この方式が導入されました。

20091121h.jpg


※通行人が通路に入ると1度感知して点灯します。また通行人が通路を出るときにも、もう一度人影を感知して再度点灯動作に入りますので、通行人が通り過ぎた後も5分間点灯時間が続きます。「農作物の影響にも配慮して点灯時間の調整は適宜行っていく」という担当者の話でした。




■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ
プロフィール

畑中たけし

Author:畑中たけし
茨木市中穂積在住、50歳
春日丘小、西中、茨木高、京都大法卒
趣味:映画鑑賞、読書

畑中たけしへのメール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR