ホーム   »  議員活動  »  JR西口 UFJ銀行前の信号設置工事概要と今後のバリアフリー化について

2011.12.16 ( Fri )

JR西口 UFJ銀行前の信号設置工事概要と今後のバリアフリー化について

JR西口のUFJ銀行前信号設置工事が12月15日から始まりました。

信号の利用開始は年明けになりそうです。

また信号設置にともなってバスターミナル部分にも変更が施されます。

20111215.jpg
(赤色は決定、青色は未定部分)


1、画像A部分の車線が従来2車線であったのが、ゼブラゾーンをひいて1車線になります。

2、コーヒーショップ前の歩道の面積も拡張されて、エキスポロードへの入り口部分も1車線化されます。
  歩行者が横断する距離が1車線分短くなります。(画像B部分)

3、タクシー乗り場付近からの車線は従来斜めに進んでエキスポロードや春日丘高校方面に向かっていまし
  たが、信号交差点は直角交差が望ましいことから、こちらも1車線化して、左側部分の歩道面積が増え
  ることになります。(画像C部分)

次に、今後の課題となるのがバスターミナルと駅のあいだの平面移動化です。
階段を使用して陸橋に上がることなくバス乗り場と駅を歩いて行き来できるバリアフリー化です。
今回の銀行前の信号設置により交通状況がどのように変化するのか影響を見定めてからの検討となります。

以下は、市と警察やバス事業者等と協議をしながら可能であると判断されれば計画を進めていくことになるでしょう。

4、画像Dの部分に横断歩道をひき、押しボタン信号を設置します。
  バス停の東端プラットフォーム(①番乗り場)に乗降客が移動できます。

5、その後、画像Eのように①番乗り場から②番乗り場~④番乗り場に歩いて移動できる横断歩道をひきます。

これによって平面移動が可能になる構想です。



■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ
プロフィール

畑中たけし

Author:畑中たけし
茨木市中穂積在住、50歳
春日丘小、西中、茨木高、京都大法卒
趣味:映画鑑賞、読書

畑中たけしへのメール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR