FC2ブログ
ホーム   »  議員活動  »  阪急バス茨木市内方面行き増便で、彩都住民とともにバス事業者と国土交通省近畿運輸局に署名2746名分を提出

2017.02.23 ( Thu )

阪急バス茨木市内方面行き増便で、彩都住民とともにバス事業者と国土交通省近畿運輸局に署名2746名分を提出

 2月22日、請願署名代表者・二宮豊美さん(彩都やまぶき4丁目在住)・彩都住民代表2名・私=畑中たけし茨木市議(日本共産党)が、山元たけし(党大阪9区)・辰巳孝太郎党参議院議員大阪選挙区秘書とともに、阪急バス彩都西線茨木市内方面行きの増便で、彩都住民の2746名分の署名を携えて、阪急バス本社と国土交通省近畿運輸局に申し入れを行いました。
 彩都地域の主たる公共交通機関はモノレールですが、茨木市内方面行きはバスに頼っています。しかし便数は1時間に1本、しかも空白の時間帯もあり、またほとんどがJR茨木止まり、さらに阪急茨木市からの最終時刻は16時4分と日常の公共交通機関としてはきわめて不十分です。

IMG_1649.jpg 
 阪急バスへの申し入れでは、彩都住民の方から「16時以降にバスが無くなるので、予定を早く切り上げないと帰宅できない」、「一時間に1便では、寒い日も雨の日も30分以上待たないといけない」、「学生からも通学に不便と言う声が出されている」と切実な要望が出されました。
 私からは「バスは住民にとって重要な交通機関。署名の数は茨木彩都西地域の住民4分の1にあたる。これだけ多くの皆さんが要望していることを重く受けとめ、前向きに検討してほしい」と強く要望しました。
 これに対して、阪急バスは「彩都西線は茨木市からのバス2台の寄贈で開設した路線。現在でも採算がとれていない。増便の検討は茨木市の協力が不可欠。前向きに協議したい」と回答がありました。

IMG_1656.jpg 

 近畿運輸局への申し入れでは、彩都住民から「ニュータウンの公共交通機関整備は開発者や関係自治体が責任を負うべき」との厳しい意見が出されました。
 近畿運輸局も「意見があったことは、UR、大阪府、茨木市に伝える。そのために、各自治体には地域住民の交通利便の確保・向上のために、行政、事業者、住民による『地域公共交通会議』が設置されている。茨木市にも要望してください」と答えました。


■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ
プロフィール

畑中たけし

Author:畑中たけし
茨木市中穂積在住、50歳
春日丘小、西中、茨木高、京都大法卒
趣味:映画鑑賞、読書

畑中たけしへのメール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR