FC2ブログ
ホーム   »  議員活動  »  大阪府に国保都道府県化による統一保険料や統一減免制度を止めるように求めて請願

2017.05.02 ( Tue )

大阪府に国保都道府県化による統一保険料や統一減免制度を止めるように求めて請願

2日午後、茨木社保協と国保制度をよくする茨木連絡会の共同で「茨木市国民健康保険料の引き下げと保険料や減免制度の府内統一化をしないように求める請願書」8975筆を大阪府に提出しました。

府の国民健康保険課広域化・制度推進グループの課長補佐は「国の流れとして最終的には保険料の統一化がある。統一化で先行しているのは大阪府、奈良県、滋賀県、広島県だが、大阪府は来年に向けて市町村との調整会議で内容を詰めていく。今後のスケジュールは、府下市町村との法定協議会で運営方針を固め、府の運営協議会で答申をもらったあと、12月の府議会に条例改正案を提出予定。年明けには市町村でも2月、3月議会で条例改正してもらう。」とのこと。

参加者からの「保険料の統一化で保険料は上がるし、滞納者も増える。統一保険料はやめてほしい」との声に対し、「社会保障としての国保は相互扶助でみんなで支え合うのが仕組み」との回答に、多数の参加者から一斉に抗議の声があがりました。さすがに最後には「このままでは国保は破綻する。府としても公費負担拡充を求めていく」と答えざるを得ませんでした。

DSC_1381.jpg 


■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ
プロフィール

畑中たけし

Author:畑中たけし
茨木市中穂積在住、50歳
春日丘小、西中、茨木高、京都大法卒
趣味:映画鑑賞、読書

畑中たけしへのメール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR