ホーム   »  議員活動  »  大阪府が河川整備審議会の審議の打ち切りと答申を受けて「事業費大幅増額と事業継続」を強行

2017.08.24 ( Thu )

大阪府が河川整備審議会の審議の打ち切りと答申を受けて「事業費大幅増額と事業継続」を強行

大阪府が河川整備審議会の審議の打ち切りと答申を受けて「事業費大幅増額と事業継続」を強行

  茨木市民運動連絡会は強く抗議

8月23日に開かれた大阪府営安威川ダムの事業評価のための大阪府河川整備審議会はわずか1時間足らず、しかも170通にのぼる府民の意見にも真剣に向き合わず、おざなりの審議の末、大阪府の
方針を追認して会議を閉じました。

「会」は代表6人が傍聴を行い、また傍聴者発言では府民意見公募の閉鎖性を明らかにするとともに、地質問題でも科学的な検証も放棄した無責任な態度を厳しく批判しました。

また「会」は良識の府民に呼びかけ多くの意見書提出に取り組みました。


■ご意見、ご要望をお待ちしています→コチラからどうぞ
プロフィール

畑中たけし

Author:畑中たけし
茨木市中穂積在住、50歳
春日丘小、西中、茨木高、京都大法卒
趣味:映画鑑賞、読書

畑中たけしへのメール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR